In雑記

水漏れ用のテープってあるんですね!洗濯機の吸水ホースの応急措置(あくまでも応急措置)にチャレンジしてみました!

JUGEMテーマ:暮らしの中で

洗濯機への給水ポンプのジャバラになっているホースが水漏れしてしまいました。いつ壊れるかわからない14年目に入った洗濯機。ポンプを買うのも気が引けとりあえず水漏れを何とかして使うことにしました。

目次

  • 給水ポンプ
  • 壊れた場所
  • とりあえず100均へ
  • 修理して何とかなりました
  • 余談

★給水ポンプ

もともとは洗濯機に付属のものがありました。10年程で3本使いましたが、電化製品の寿命を考えてお安いものでしのいでいました。その代用品がまさかの水漏れ。

★壊れた場所

給水ポンプに付属のジャバラのホースがゴムの類ではなくプラスチックの類だったものでホースを伸ばしたり、丸く束ねたりを繰り替える間に力のかかる部分に亀裂が入っていたようでした。

とりあえず、ビニールテープをぐるぐる巻きにして何とかなるだろうと簡単に考えていましたが、ジャバラゆえに水漏れは修まりませんでした。

★とりあえず100均へ

あまりお金を掛けたくなかったのでとりあえず100均へ向かいました。

粘着力の強い幅の狭いものと広めの両面テープを何本かをぐるぐる巻きにし、その上にビニールテープでも巻けば何とかなるだろうと勝手に考え、文具コーナーで粘着テープが並んでいる場所であれこれ検討。

すると、同じようにその場所で「あーでもない、こーでもない」と私同様に居座っているお爺さんが一言。

「木をくっつけるテープってどれなんでしょう?」(お爺さん)

「これはそのようですよ」(私)

「奥さんは何をお探しですか?」(お爺さん)

「ホースの水漏れを応急措置したいのですが、どれがよいのかと…」(私)

「あーそれなら、水漏れ用の薄いテープがあるはずですよ」(お爺さん)

「水漏れ用ですか? もしかしてあの白いテープですか」(私)

「そうそう、それ。ホームセンターに行けばありますよ」(お爺さん)

私には覚えがありました。その数日前にパウダールームのキャビネットを片付けていたときに、「こんなものは使うことないよね」と捨てたテープを。でも後の祭りでした。

「助かりました。有難うございます。」といってその場を離れました。文具コーナーではない。リフォーム品などが並ぶコーナーにならあるかもと。

すると1つだけ残っていました。

★修理して何とかなりました

まずは、亀裂の箇所の水分をしっかりふき取り、軽く引っ張りながら隙間を埋めるように巻き付け、その部分を中心に何度も巻き付の水分や汚れをました。その後にビニールテープでしっかり補強。

給水してみると水漏れは解消していました。見た目はよくないですが、とりあえず目的は達成。

ただ、これが正しい方法かよくわかりません。あくまでも応急措置という感じ。

★余談

その1

洗濯機の寿命が先か、修理したポンプが先か使いながら様子を見ていました。

結果は、洗濯機にトラブル発生。通常の洗濯時は問題がないのですが、脱水のみ使おうとするとセンサーがうまく反応せずエラーになりました。

家族が一人暮らしをしていたときに数年だけ使っていた洗濯機がありましたのでそれを使うことにしました。

こちらも安いもので揃えたので付属の給水ホースがありません。修理をしたものを継続して使用することに。吸水ホースメーカーのホームページからホースを固定する消耗品を注文し使いました。

しかし、その数日後に給水ポンプの吸水力が急激に衰え使用不可に…。踏んだり蹴ったりとはまさにこのこと。なので応急措置の耐久性はよくわかりません。

その2

洗濯機は家電リサイクル法により、勝手に処分することは出来ません。買い替えなら販売店にお願いできますが、今回の場合は無理。自治体からもらっていた冊子で確認をすると私の住む自治体は郵便局でリサイクル券を購入すると指示がありました。

製造メーカーや大きさで料金が異なるとありましたので、取説を持って郵便局に向かいました。

指定の書類に記入、料金を支払いました。

処理施設へ自己搬入は無理なので自治体が戸別収集してくれる代行運搬業者に依頼、指定日に無事に処分することができました。

シールテープというようですね。

楽天市場でお探しでしたら

↓文字をクリックするとサイトが表示されます

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97/?s=2

 

In-

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




グロースファクター