In勝手に気になったニュース・記事

独断と偏見勝手に気になった出来事! ポテチ品薄解消9月に他

JUGEMテーマ:気になったニュース

5月12日から5月18日

目次

  • ポテチ品薄解消9月に
  • タクシーでドリフト体験(福島県二本松市)
  • 凱旋門賞日本馬5頭登録
  • 小1「5月事故」防げ
  • バド・桃田27日に復帰
  • 介護離職「相談せず」48%
  • パ・リーグ史上4人目 楽天・則本
  • ヤクルト・由規投手今季初白星

★ポテチ品薄解消9月に

昨年夏に北海道を襲った台風の影響を引きずり、ポテトチップスの品薄が続いている。農水省によると、すでに九州で今期の収穫は始まっているものの十分に賄えていないのが現状。今夏北海道が最盛期を迎える9月以降まで続く見通し。

北海道は、全国のジャガイモの生産量の8割を占める。北海道産ジャガイモの3割が加工用。加工用は、糖分が少なく、揚げるときれいなきつね色が出るそうです。輸入は、防疫の問題でアメリカからしか認められていないうえ、輸入時の害虫駆除も煩雑とのこと。

確かに4月ごろから売り場面積も縮小され、売り場の棚が寂しいうえ、数量制限の張り紙がしているところもありました。個人的にスナック類では、ポテトスナックが一番好きなのでほんとうに残念です。

(参考文献 河北新報2017.5.12朝刊 8面)

★タクシーでドリフト体験(福島県二本松市)

エビスサーキット(二本松市)は、プロドライバーが運転する車に同乗してドリフト走行のスリルを味わえる「ドリフトタクシー」の運行を始めた。

同サーキットは、1986年開業。愛好者より「ドリフトの聖地」と呼ばれている場所とのこと。ドリフト協議の元世界王者である社長らがハンドルを握る。

1〜3人の場合、峠道を再現したコースなどを1時間かけて回るそうです。

乗車料金は、1台25,000円から30,000円。前日までに予約が必要とのこと。

二本松市は福島市の南部に隣接する自治体です。秋になると福島県立霞ヶ城公園(国指定史跡「二本松城跡」)を会場に「菊の祭典」菊人形が有名な場所です。

また、「智恵子抄」で有名な高村智恵子の生家などが残されている場所です。

6年前の東日本大震災でいまだに風評被害に苦しむ福島ですが、福島県には観光スポット、温泉も多いです。寒暖差が大きい地域なのでサクランボ、モモ、ブドウ、ナシ、リンゴなどのフルーツがとても美味しいです。ぜひ出かけてみてください。

参考までに(↓文字をクリックするとサイトが表示されます。)

エビスサーキットホームページ

二本松市観光ガイド

福島県観光情報サイト

(参考文献 河北新報2017.5.12朝刊9面)

★凱旋門賞日本馬5頭登録

日本中央競馬会は11日、フランスG1凱旋門賞(10月1日・シャンティ競馬場)に、5頭が登録したと発表した。登録場は、昨年度の年度代表馬で北島三郎が代表を務める有限会社大野商事が馬主の「キタサンブラック」、昨年有馬記念を制した「サトノダイヤモンド」「カデナ」「クリンチャー」「サトノノブレス」が登録したとのこと。どの馬でもいいから勝ってほしいですね。

余談です。賭け事には興味はありませんが、サラブレッドが大好きなんです。きっかけは、「profile」にも記載があります。

30年以上も前の話ですが、高校の修学旅行で日高の牧場を訪れてことです。当初の予定にはなかった場所です。当時引率の生物担当の先生が、大学時代の同級生ということで急きょ前日に決まったコースです。

セーラー服姿の女子高校生120人が押し掛けたので、牧場の方はちょっとびっくりしていたようでした。(在籍の高校は、北海道と関西から好きな行き先を選でました)覚えていることは、ある馬の名前。牧場で生まれた馬の名前だと思います。「カツラノハイセイコ」。有名な「ハイセイコー」の子どもなんでしょうね。その時から、競馬中継というものを気にするようになりました。

お馬さんのグッズをお探しならこちらがおすすめ

↓文字をクリックするとサイトが表示されます。

ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き

(参考文献 河北新報2017.5.12朝刊 13面)

★小1「5月事故」防げ

交通事故総合分析センター(東京都千代田区)によると2015年の小学1年生の徒歩中の交通事故による死傷者数は5月が10月に次いで多いと分析している。4月の1.4倍、登下校時に限ると2.6倍に上る。(10月は、1日の入りが早くなり夕方時の事故が多い。)

背景として、大人が常に付き添う幼保時代と異なり、入学を機に子どもだけで行動する時間が大きく増える。また、4月は、保護者の送迎や集団下校で大人の目が届きやすい。ただ、5月になると、管理する側も通常の見守りに戻ること。子ども自身も学校に慣れ、友だちとふざけて歩くなど気が緩みがちだという。

事故を防ぐ対策として紹介されていたこと

保護者と一緒に道路の歩き方を繰り返し練習する。

家で教えるだけでなく、よく通る道で注意すべき点を具体的に示す。

道で待つときは歩道と車道の境界線から一歩下がる。

道を渡るときは、どんな色のどんな車が近づいているのかまでしっかり確認する。(個人的には、かなり高度な要求に感じますが)

親子で歩いているとき、危険な行動が見えたら、頭ごなしに叱らず、何が危険なのか、どうすればよかったのかを問いかけ、子どもに考えるように促す。

また、保護者は、「歩き方は命にかかわる大事なこととの意識が薄く、ゆっくり歩くことを教えていない」と指摘する声もある。

子どもに多い飛田氏事故といえば、「勢いよく書道に駆け込む子どもを連想する」あだ、実際には、「

を出さず、タタタを小走りで車両の陰から現れる子どもが多い」とのこと。

確かに、自分の子どもも小学1年生の時は、入学前は一緒に何度か学校まで歩いた。その後は、信号機にない横断歩道まで一緒に送りっていたことを思い出した。ただ、いつまでそれを続けていたのかは思い出せない。

また、学校から危険な歩き方をしているとの指摘を受け、登下校時にこっそり様子を見ていたら考えもしなかった歩き方をしているのにびっくりしたことを思い出しました。こともあろうことに、歩道があるにもかかわらず、何を思ったか車道を歩いていました。大型車がすぐわきを通りめまいがしました。

当然のことながら、どう歩けばよいかはいうまでもなく、頭ごなしに「何やってるの…」と叱り付けたこともよく覚えています。

平日と休日、時間帯も違えば状況は違いますが、時間をみつけて一緒にあるいてみるのはよいことのように感じました。

(参考文献 日本経済新聞2017.5.16朝刊 30面)

★バド・桃田27日に復帰

日本バドミントン協会からカジノ問題で無期限試合出場停止とされていた桃田賢斗選手の処分が15日解除された。練習の傍らジュニア選手への講習会参加など社会貢献活動を継続してきた。

復帰戦は、27日からの日本ランキングサーキット大会(さいたま市)とのこと。

22歳とまだ若い選手です。出身は四国ですが、東日本大震災に伴う原発事故の被害が大きかった富岡町で、中学、高校時代を送った選手です。彼の活躍に元気をもらった福島の方は多いはずです。頑張って欲しいものです。

(参考文献 河北新報2017.5.16朝刊 13面)

★介護離職「相談せず」48%

みずほ情報総研(東京)が介護を理由に正社員から離職した40歳から59歳の1000人を対象に昨年12月、インターネットを利用し実施した。

「離職直前に介護と仕事の両立について誰かに相談したか」という問いに対し、47.8%が誰にも相談しなかったと回答。

離職理由(複数回答)については、「体力的に難しい」が39.6%、「介護は先が読めず見通しが困難」が31.6%、「自分以外に介護を担う家族がいなかった」が29.3%。

あれば仕事を続けられたと思う支援策(複数回答)は、「介護休暇を取りやすくする」27.0%、「上司や人事部門の理解と支援」25.5%、「有給休暇を取りやすくする」(24.3%)、「残業が少ない」21.7%。

個人的な意見ですが、確かに育児と違い先が見えない分休暇の取り方は難しいように感じます。残業が多い職場、有給休暇すら申請をためらう状況では、とてもじゃないかけど言い出しにくいと環境も理解ができます。

話はべつですが、育児休暇制度ができたころも、同じような状況だったように感じます。20年以上も前の話ですが、私は、同じ部署の同僚が社内で初めて育児休暇を取得し彼女の分と2人分の業務を1人でこなさなければならない状況下で、約1年間仕事をする羽目になりました。彼女に対する不満は全くありません。ただ、上司に対しては、今も不満というより怒りしかありません。結局、胃に穴が開き退職を申し出ました。結果的に部署替えで対応いただきました。

安倍政権が新三本の矢という政策の中に「介護離職0」というものが掲げられています。介護離職に限らず人手不足が深刻化する中で、雇用側の声だけではなく、雇用される側の声も同じように耳を傾けるべきとも感じます。

(参考文献 河北新報2017.5.17朝刊4面)

★パ・リーグ史上4人目 楽天・則本

東北楽天ゴールデンイーグルスの則本投手が17日の日本ハム戦で5試合連続2桁奪三振を成し遂げた。は野茂氏の6試合連続がとして残っている。

過去に5試合連続記録を達成した投手は、杉内投手(当時ソフトバンク所属)、ダルビッシュ投手(当時日本ハム所属)だけ。

ただ、試合は、初回5失点とハラハラさせるものだった。ただ、修正能力と気持ちの強さを感じる投球でした。

則本投手は、春先のWBCでは思うような結果を残すことができませんでした。2015年のプレミア21でも結果を残せずに悔しい経験がありました。

個人的な感想ですが、彼は気持ちの強い素晴らしい投手と思っています。今年は、地元仙台のヒーロー岸孝之投手がFAで加入しました。一人で背負わずに頑張って欲しいと願っています。

(参考文献 河北新報2017.5.18朝刊12面)

イーグルスの応援グッズならこちらがおすすめ

↓文字をクリックするとサイトが表示されます。

楽天イーグルスオンラインショップ

★ヤクルト・由規投手今季初白星

宮城・仙台育英高校出身の由規投手が、7回2安打無失点で今季初白星を手にしました。由規投手といえば、高校時代甲子園で当時最速を計測、ドラフトでは地元の楽天イーグルス他多球団が競合、指名後の会見で涙を浮かべるなど「泣き虫王子」の引用も持つ選手です。

プロ3年目で結果も出しこれからと思われた4年目に右肩の違和感で離脱、育成契約選手としても過ごし、昨年一軍復帰を果たしています。

オフには、ダルビッシュ投手に弟子入りし、トレーニング法、栄養学などを学び投球動作を基本から作り直したそうです。そのことで肩を意識しなくなり、再発への不安が消えたとのこと。かつて日本人として初めて160キロ台を記録した稀代の速球派が復活への一歩を記したと紹介されていました。

岸投手同様に彼もまた、仙台、宮城ではヒーローです。健闘をお祈りしています。

(参考文献 河北新報2017.5.18朝刊 13面)

プロ野球球団グッズならこちらがおすすめ

↓文字をクリックするとサイトが表示されます。

MLB.NBAグッズショップ SELECTION

In-

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




グロースファクター