Inボディケア→その他

コーティングするようになじんだ後もべたつかずさらっとした仕上がり!

 軽い付け心地で適度にうるおしてくる「ヴァセリン・ハンド&フィンガー」は、少量でも伸びがよくコストパフォーマンスが高いハンドクリーム。夏のハンドケアにバッグに入れて携帯したいアイテム。

目次

  • 私の肌
  • 「ヴァセリンハンド&フィンガー」(商品パッケージ・公式ホームページより)
  • 使ってみて
  • 思ったこと(まとめ)
  • 公式ホームページ
  • ネットショップでお探しなら

★私の肌

  • 混合肌です。
  • 手、腕、脚は乾燥肌です。
  • 手は通年ハンドクリームは欠かせません。季節に応じて使い分けています。
  • 腕や膝上は特に気にならないのでほぼそのままです。
  • 朝晩の冷え込みを感じる季節に移り変わるころから対策を始めています。
  • 秋口は、今まで使っていたボディーウォッシュのタイプを変えることから始めています。(さっぱりタイプ→しっとりタイプ)
  • 晩秋頃からは、乾燥が気になるヒザ下などに保湿系の乳液タイプのケア用品を使います。

※それでほとんどの場合はそれで何とかなっています。

 ★「ヴァセリンハンド&フィンガー」(公式ホームページより)

コンセプトは

〜あかぎれ・ひび・しもやけなどから手肌を守り、うるおいを与える薬用ハンドクリーム〜

ポイントは

☆ビタミンE誘導体とグリチルリチン酸
☆アンモニウムを有効成分として配合

☆ビタミンE誘導体とグリチルリチン酸アンモニウムを配合

肌荒れ防いでくれます。、

☆べたつかず、さらっとした仕上がり。 

★使ってみて

  • 乳白色でさらりとした柔らかなクリーム状のテクスチャーです。
  • 香りは成分の香りでしょうかほんのりしますが嫌な香りではないです。
  • 伸びがよくあっという間に手になじみます。
  • べたつかずさらりとして適度にうるおいを感じます。
  • 持続性はあまりありません。
  • 肌をコーティングしてくれるイメージです。
  • 手を洗うと撥水しますが一部落ちます。
  • 重ねづけしてもあまり効果は感じません。
  • 適度な保湿感はありますが、乾燥が気になる季節は物足りなさを感じます。

★思ったこと(まとめ)

  • 年明け頃からずっと同じ「ヴァセリン」シリーズの「ピュアスキンジェリー」をハンドクリームとして使っていました。(本来はポイントケアに使うようですけど…乾燥がひどいので)
  • 春のお彼岸の頃に使い切り、そろそろ軽めのものでもいいかと思いパッケージに「しっとり肌へ…ヴァセリンジェリー配合」とありましたので「アンド&ネイル」に切り替えました。
  • ただ、切り替えたとたんに乾燥がひどくなり同じような商品とは思いつつも「荒れがちな手肌に…薬用ハンドクリーム」とパッケージに表示がありましたのでこちらに切り替えました。
  • ただ、乾燥がひどく、手荒れがぶり返したのでいったん中止。
  • さらっとして伸びがよく肌馴染みもよく、馴染んだ後のべたつきがないので使い心地はすごくいいです。
  • 保湿効果は高くないです。夏向けかと思いました。
  • 少量ですごく伸びるのでコストパフォーマンスが高い商品と感じます。

※「ハンド&ネイル」と「ハンド&フィンガー」ほぼ同じような使い心地です。

個人的には「ハンド&ネイル」の方が、心もちしっとりかんを感じ香りもいいかな。

☆おすすめしたい方

  • さらりとしてべたつかないアイテムをお探しの方。
  • コストパフォーマンスが高い商品をお探しの方。

☆おすすめできない方

  • 保湿効果の高いアイテムをお探しの方

☆同じような商品の紹介

「ニベアクリーム」の記事

☆ヴァセリンシリーズの紹介

「ヴァセリン・ピュアスキンジェリー」の記事

「ヴァセリン・ハンド&ネイル」の記事

★公式ホームページ

★ネットショップでお探しなら

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

Inボディケア→その他

コーティングするようになじんだ後もべたつかずさらっとした仕上がり!

 軽い付け心地で適度にうるおしてくる「ヴァセリン・ハンド&ネイル」は、少量でも伸びがよくコストパフォーマンスが高いハンドクリーム。夏のハンドケアにバッグに入れて携帯したいアイテム。

目次

  • 私の肌
  • 「ヴァセリン・ハンド&ネイル」(商品パッケージ・公式ホームページより)
  • 使ってみて
  • 公式ホームページ
  • 思ったこと(まとめ)
  • ネットショップでお探しなら

★私の肌

  • 混合肌です。
  • 手、腕、脚は乾燥肌です。
  • 手は通年ハンドクリームは欠かせません。季節に応じて使い分けています。
  • 腕や膝上は特に気にならないのでほぼそのままです。
  • 朝晩の冷え込みを感じる季節に移り変わるころから対策を始めています。
  • 秋口は、今まで使っていたボディーウォッシュのタイプを変えることから始めています。(さっぱりタイプ→しっとりタイプ)
  • 晩秋頃からは、乾燥が気になるヒザ下などに保湿系の乳液タイプのケア用品を使います。

※それでほとんどの場合はそれで何とかなっています。

★「ヴァセリン・ハンド&ネイル」(公式ホームページより)

コンセプトは

〜ジェリー配合。うるおいが肌内部へ浸透し、手肌をしっとり保つのにさらっと仕上がります〜

うるおいが奪われた爪を割れにくい健やかな状態に保ち手指の肌もしっとりつやつやにしあげてくれます。

ポイントは

☆加水分解ケラチン配合

☆スクワランを配合

☆アミノ酸誘導体NMF配合

★使ってみて

  • ほんのり桃色がかった半透明のさらりとした柔らかなクリーム状のテクスチャーです。
  • 香りは成分の香りでしょうかお花系の香りがほんのりします。
  • 伸びがよくあっという間に手になじみます。
  • べたつかずさらりとして適度にうるおいを感じます。
  • 持続性はあまりありません。
  • 肌をコーティングしてくれるイメージです。
  • 手を洗うと撥水しますが一部落ちます。
  • 重ねづけしてもあまり効果は感じません。
  • 適度な保湿感はありますが、乾燥が気になる季節は物足りなさを感じます。
  • 爪に関しては特にコレといった大きな効果は1本使ったところでは感じませんでした。

★思ったこと(まとめ)

  • 年明け頃からずっと同じ「ヴァセリン」シリーズの「ピュアスキンジェリー」をハンドクリームとして使っていました。(本来はポイントケアに使うようですけど…乾燥がひどいので)
  • 春のお彼岸の頃に使い切り、そろそろ軽めのものでもいいかと思いパッケージに「しっとり肌へ…ヴァセリンジェリー配合」とありましたのでこちらに切り替えました。
  • ただ、切り替えたとたんに乾燥がひどくなり一旦やめました。
  • さらっとして伸びがよく肌馴染みもよく、馴染んだ後のべたつきがないので使い心地はすごくいいです。
  • 保湿効果は高くないです。夏向けかと思いました。
  • 少量ですごく伸びるのでコストパフォーマンスが高い商品と感じます。

※「ハンド&ネイル」と「ハンド&フィンガー」ほぼ同じような使い心地です。

「ハンド&ネイル」の方が、心もちしっとりかんを感じ香りもいいかな。

☆おすすめしたい方

  • さらりとしてべたつかないアイテムをお探しの方。
  • コストパフォーマンスが高い商品をお探しの方。

☆おすすめできない方

  • 保湿効果の高いアイテムをお探しの方

☆同じような商品の紹介

「ニベアクリーム」の記事

☆ヴァセリンシリーズの紹介

「ヴァセリン・ピュアスキンジェリー」の記事

★公式ホームページ

★ネットショップでお探しなら 

にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

Inスキンケア→デイリーケア

サラッとした軽いつけ心地!汗をはじくのに石鹸で落とせるUV顔体用!

JUGEMテーマ:石鹸・シャンプー・化粧品

べたつかずみずみずしいミルクタイプでしっか密着。白浮きせず汗も水もしっかりはじき化粧崩れを防ぐ「コーセー・スポーツビューティサンプロテクトミルク」はパッケージもおしゃれ。お子さんにもおススメ。

目次

★私の肌

  • 混合肌です。
  • 季節を問わずTゾーンは脂っぽさを感じます。
  • Uゾーンはトラブルこそありませんが秋口頃から乾燥している感じがします。
  • 季節を問わずオールインワン化粧品を愛用しています。
  • 乾燥が気になるときは化粧水や美容液をプラスしています。
  • べたつくアイティムは苦手で、できるだけサラッとしたものを好みます。
  • アラフィフ世代なのでここ数年、秋口からは濃い目のアイティムを使用しています。
  • 肌の悩みはシミ・くすみ・毛穴の開きなどです。
  • UVは、顔に関しては通年何かしらの対策はしています。
  • UVカットできるBBクリームを使うことが多いので、主にそれで済ませています。
  • 首、腕などは紫外線の強い時期だけ対策をしています。

★「コーセー・スポーツビューティサンプロテクトミルク(顔・からだ用)」(商品パっケージ・公式ホームページより)

≪スポーツビューティーとは≫

コンセプトは

〜汗・水・こすれ、動きにも強い“密着イオン技術”で、美肌をまもりぬく。
史上最強に落ちない、日やけ止め。〜

ポイントは

☆密着イオン技術

イオン同士が磁石のように引き合い結合力の強い「プラスイオンをもつ被膜形成剤」と「マイナスイオンをもつ被膜形成剤」が結合することでつくられた強固なUVカット膜があらゆる過酷な状況にも対応してくれます。

☆サンプロテクトミルク

ポイントは

  1. ヒアルロン酸EX・コラーゲン・ホホバリーフエキス・スクワランなどの美容成分配合で過酷な紫外線下でも美肌をサポートしてくれます。
  2. 肌にのばすとアクアリィカプセルがはじけ、みずみずしくのび広がり肌に密着します。
  3. 肌への密着性が高い膜の表面をフッ素処理板状粉体がコーテイング、汗・水・こすれから膜をまもり、持続性があります。
  4. よれの原因となる油剤や界面活性剤を大幅に低減。

★使ってみて

※2層式なので使う前に降って使うタイプです。

右半分にのばしてみました

  • 白色のみずみずしいミルク状のテクスチャーです。
  • ほんのりやわらかなお花系の香りがします。
  • 香りは時間とともに意外に早くわからなくなります。
  • べたつかずサラッとしていてのびがよく程度にスルスルと広がり肌に密着します。
  • 軽いつけ心地ですが白浮きもせず密着し、よれることもなくメイクの邪魔になりません。
  • カバーされたよう密着し乾燥した感じもありません。
  • 汗をかいてもべたついたり浮いてくる感じはありませんでした。
  • 化粧持ちも良かったように感じました。
  • ウォータープルーフなので手に付けるとしっかり水をはじきますが、石鹸でちゃんと落ちました。
  • 顔については通常のメイク落としや洗顔料で難なく落とせました。

★思ったこと(まとめ・デメリット・他との比較)

  • ゴールドピンクのパッケージが凄くかわいくお洒落な感じです。
  • べたつかずサラッとしていてのびがよく軽いつけ心地ですが、肌に密着し汗をしっかりはじいてくれます。
  • 白浮きやよれもなくメイクの前に使うと化粧持ちも良いように感じました。
  • 石鹸でちゃんと落とせるので使い勝手がよい商品と感じます。
  • 美容成分入りで乾燥した感じはありませんでした。(冷房下での使用ではありませんが)

☆おススメしたい方

  • 顔とからだ両方に使えるものをお探しの方
  • 石鹸で落とせるものをお探しの方

☆おススメできない方

  • 無香料のものをお探しの方

☆他との比較

今の季節はまだからだには使用しておりませんでした。

顔に関してはUVカット対策のあるBBクリームを使っていました。

参考までに

「キュレルのUV」の記事

「アクセーヌのUV」の記事

「アンプルールのUV」の記事

「ラフラ・UVスプレー」の記事

★公式ホームページ

★ネットショップでお探しなら

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

Inボディケア→エチケット系

ワキの汗とニオイ対策!手で塗るクリーム!しっかり密着し効果を実感

JUGEMテーマ:脇汗・多汗症

べたつかなず、汗もニオイもしっかり押さえ、持続性もある爽やかな香りの「メンソレータム・リフレア」はロート製薬の本気のニオイ対策商品。汗、摩擦に強い抗密着処方で効果抜群。

目次

  • いつも使っているデオドラント商品
  • 「メンソレータム・リフレア」
  • 使ってみて
  • 思ったこと(まとめ・デメリット・他との比較)
  • 公式ホームページ
  • ネットショップでお探しなら

★いつも使っているデオドラント商品

  • ワキ用に液体を塗るタイプのロールオンタイプの制汗商品をここ数年使っています。
  • 購入理由はドラッグストアの目立つ場所に並んで入れ、価格も手ごろだったので購入。
  • 乾くまで少し時間がかかる上、個人的には汗っかきなので汗も出るし、時と場合によっては臭いが気になることもあります。
  • 残っているの気休め程度ですが使っています。

★「メンソレータム・リフレア」(商品パンフレット・公式ホームページより)

コンセプトは

〜ワキ、徹底的に、におわせない〜

  1. 製薬会社の本気の対策ニオイ対策
  2. ぬりこんで密着・殺菌ニオイの元を徹底カット

ポイントは

  1. Wの殺菌有効成分でニオイの原因菌をしっかり殺菌。
  2. 高密着持続処方。しっかりケアして24時間快適。
  3. 汗・摩擦に強い高密着持続処方。
  4. さらっとした使用感のクリームタイプ。

≪ワキのニオイのメカニズムはこんな感じ≫

≪ワキのニオイの原因ってなに?≫

  1. 汗自体には強いニオイはありません。
  2. ワキのニオイの原因は、皮膚の表面に付着している菌が汗に含まれる成分や皮脂を分解することで起きる分解臭、酸化臭だったのです。
  3. 皮膚の表面に付着する菌は、1日を通じてどんどん増えていきます。
  4. ニオイを抑えるには、香りで誤魔化したり、汗を止めようとしたりするだけでは十分な対策とはいえません。
  5. ニオイの元となるニオイ菌を徹底殺菌することで、ワキのニオイを元からしっかり抑える必要があります。

リフレアは、ニオイの元となるニオイ菌を徹底殺菌することで、ワキのニオイを元からしっかり抑えます。

≪ワキガってどうして起こるの?≫

  1. アポクリン腺から出る汗はタンパク質、糖質、アンモニアなどを含んでいます。
  2. それらを「コリネバクテリウム属菌」などが分解することでワキガの独特なニオイが発生。
  3. アポクリン腺は誰しもが持っている汗腺ですが、この腺が大きく、数も多ければ多いほど、汗の分泌量が多い傾向があり、ワキガのニオイが強くなると言われています。

★使ってみて

※5月の雨上がりの蒸し暑い日の朝に片方のワキにだけ使って試してみました。

  • 白いやわらかなクリームタイプのテクスチャーです。
  • 無香料とありますが、鼻を近づけると清涼感のある香りがします。つけると香りは気になりません。
  • とても伸びがよく、クリームですがべたつかずにサラッとしたジェルのような軽い感じの使用感です。
  • 必要な箇所に自分の手で塗ることができるのでしっかりと密着します。
  • べたつかないので、塗った手も洗いますが、嫌な感じはありません。
  • 清涼感のある香りですがスーッとした感覚はありますが強い刺激はありません。
  • 塗ったワキは、一日中さらりとして快適に過ごすことがでました。塗り直しもなく、汗ばむこともありませんでした。
  • ニオイも汗もしっかり抑えてくれた印象です。
  • 入浴時、ボディーソープでしっかり落とせた印象です。

※一方で、塗らなかったワキは汗がにじみ、着ていた服にニオイがしっかりと地底ました。違いは歴然としていました。

★思ったこと(まとめ・デメリット・他との比較)

  • 清涼感があり、真夏の使用ではありませんが、しっかり24時間汗とニオイを防いでくれました。
  • 手で塗るのでつけやすく、しっかりと肌に密着する感じがます。
  • サラッとした使い心地で乾きも早く朝の時間のないときでも不自由はなく使用できると感じました。

デメリット(おススメできない方)

  • 手で塗りますので、手でつけることに抵抗を感じる方

他との比較

※BANのロールオンを使っています

  • 「リフレア」は、手で塗るので、塗っているときにこそばゆい感覚無しにしっかり塗れます。
  • 「リフレア」の方が、乾きが早いと感じました。(個人的な意見です)
  • 「ロールオン」は、量が減ってくると、連続で使用時に量の出が悪くなり1度逆さにしなければならないことがありますが、「リフレア」はその必要がない。
  • 「リフレア」の方が、持続性を感じました。

↓文字をクリックするとサイトが表示されます

参考までに

「デオドラント商品dot」の記事

★公式ホームページ

★ネットショップでお探しなら

 


にほんブログ村

Inメイク

美容液のような軽さのミネラルファンデ!しっかりフットで化粧崩れなし!

JUGEMテーマ:石鹸・シャンプー・化粧品

特殊コンパクトで毎回フレッシュな美容成分たっぷりのフファンデでメイク中もしっかりケアする「MiMC・ミネラルリキッドリーファンデーション」は下地もUVケアも1つでOK。石鹸で落とせる優しい仕様。

目次

★私の肌

  • 混合肌です。
  • 季節を問わずTゾーンは脂っぽさを感じます。
  • Uゾーンはトラブルこそありませんが秋口頃から乾燥している感じがします。
  • 季節を問わずオールインワン化粧品を愛用しています。
  • 乾燥が気になるときは美容液をプラスしています。
  • べたつくアイティムは苦手で、できるだけサラッとしたものを好みます。
  • アラフィフ世代なのでここ数年、秋口からは濃い目のアイティムを使用しています。
  • 肌の悩みはシミ・くすみ毛穴の開きなどです。

★「MiMC・ミネラルリキッドリーファンデーション」(公式ホームページより)

≪MiMCってどんなブランド?≫

コンセプトは

〜自然の力を、女性の力に〜

自然の力を味方につけて、
あなたが生まれながらに持っている美しさと強さ、
生きる力そのものを引き出していきます。

ポイントは

☆核となる素材は、天然ミネラルと植物成分

  1. 世界各地のミネラルの中から独自の厳しい基準に見合うものだけを採用しています。
  2. 洋の東西を問わず古来から使われてきた植物を選び、植物の部位それぞれ丸ごとのジュースやエキスである「植物成分」として活用しています。

≪ミネラルファンデーションって何?≫

  1. ミネラルとは、古くから私たちの身の回りにあるごく身近な天然の鉱物のことです。
  2. ミネラルファンデーションとは、主にその鉱物を使ったファンデーションのこと。
  3. 天然鉱物(ミネラル)のマイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄という4つのミネラルがミネラルファンデーションの主な原料です。
  4. この4つの天然の鉱物(ミネラル)が主に使われていて、合成界面活性剤や合成防腐剤、タール色素などが含まれていないファンデーションのことを、一般的には「ミネラルファンデーション」と呼んでいます。

※ただ認証機関があるわけではないため、肌のことを考えてミネラルファンデーションを選ぶ時には、全成分を確認して選んでいただくことがおすすめです。

≪ミネラルファンデーションの特徴≫

  1. 天然鉱物であるミネラルは、"土"が肌についたときのように、肌にぴたっと密着しカバーする力があります。
  2. クレンジング剤を使わず、石けんでするりと落とすことができます。
  3. ミネラルの中には紫外線を反射するものがあるので、多くの場合、紫外線カットにも優れています。

※お肌にやさしい

コンセプトは

〜メイクもすっぴんも2つの美しさを手に入れる進化するファンデーション〜

ポイントは

☆肌に負担をかけない

  1. 従来の素肌のトラブルをメイクでカバーし、夜は肌を回復させるためのスキンケアをという考え方ではなく、日中のメイクがスキンケアのような成分でできているファンデーション。
  2. 合成着色料、合成香料、合成防腐剤、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タール系色素、タルクなどの成分は使用しません。
  3. 石鹸で落とすことができます。

☆MiMCミネラルリキッドファンデーション

コンセプトは

〜みずみずしくツヤと潤いの"オアシス肌"へ〜

  1. 水分保持力の低下と皮脂過剰、皮脂と水分バランスの崩れが原因で、乾燥しているのにべたつく現代女性のお悩み肌を、みずみずしく潤う美しい”オアシス肌”へ導いてくれます。

ポイントは

  1. 「真空エアレスコンパクト」採用で毎回新鮮な状態のファンデーションを肌にのせることができます。
  2. 「ミネラルシンクロ処方」で肌にぴったりフィットしくすみのないフ透明感のある自然なツヤ肌に導いてくれます。
  3. 肌に乗せるとファンデーションに溶け込んでいた美容液が肌の角質層へ浸透してくれます。
  4. 厳選した植物美容液エキス(白樺樹液ウォーター、アフリカンスパイダーフラワーエキス、ヨモギ葉エキス、アルニカ花エキス、アーチチョーク葉エキス)が水分と皮脂のバランスを整え、みずみずしい潤いを与え、健やかな肌状態に整えてくれます。
  5. ノンシリコン処方なのに、汗に強く、崩れを防いでくれます。
  6. 石けんでオフできます。

カラーは4色展開

  • 101 アイボリー(明るめのオークルカラー)
  • 102 ニュートラル(標準的なニュートラルカラー)
  • 103 ベージュ(自然なオークルカラー)
  • 205 ピンクブライト(色白のピンクカラー)

★使ってみて

スキンケアの後下地なしで使いました。

1プッシュで出る量はこんな感じ

右半分にのせてみました

更に上半分にパウダーをのせてみました

  • 1プッシュで顔半分の適量が出るコンパクトは使いやすく、付属のスポンジも取りやすく使い勝手が良いです。
  • 付属のスポンジは、ファンデーションをしっかりキャッチしてのばしやすく使いやすいです。
  • 乳液にちかいテクスチャーですが、肌にのせ広げているとみずみずしさを感じます。
  • 香りはあまり気になりませんが、配合成分の植物系の香りがほのかにします。
  • べたつかず、のびがよく、厚塗り、ムラにならずにならずきれいにのばせ肌にもしっかりフィットしてくれます。
  • 薄づきで軽いつけ心地で美容液を付けた様な感覚すらあります。
  • カバー力もあり、色むら薄いシミはほぼひと塗でかくせました。
  • 濃いシミは少しずつ重ね付けすると厚塗り感がなくだいぶ隠せました。(ただ、しっかり隠したいときは私の場合はコンシーラーが必要でした)
  • 仕上がりはツヤが出ます。時間を置くほうが肌になじみより自然な感じに仕上がると感じます。
  • 肌もなめらかに仕上がりパウダーをのせると毛穴もきれいにカバーしてくれます。
  • しっかりと密着し化粧崩れがなく、パウダーをのせる程度のお直しで済みました。
  • 【SPF22 PA++】と日常の紫外線もカットし乾燥した感じもなかったです。

※クレンジング不要、石鹸で落とせるとのことなので試しました。

  • 肌に残った感じはありませんでした。
  • 洗願後も肌はしっとりと良い状態でした。

★思ったこと(まとめ・デメリット・他との比較)

  • 空気の入らない真空エアレスコンパクト採用なので毎回1プッシュごとに美容成分たっぷりの新鮮なファンデーションを肌にのせられます。
  • 美容液をのせているような軽いつけ心地で乾燥知らず、しっかりフットで化粧崩れもなく、紫外線までカットしてくれるすぐれものと感じました。
  • 石鹸で落とすことができるので肌にやさしい仕様と感じました。

☆おすすめしたい方

  • アレコレのせたくない方(下地、UV不要、自然なツヤ肌に仕上がりパウダー不要)

☆おススメできない方(デメリット)

  • 濃いシミもファンデーションだけで隠したい方(重ね付けでだいぶ隠せますが、隠し切れないものもありました)

☆他との比較

※リキッドファンデーションはしばらく使っていないのでごめんなさい。

↓文字をクリックするとサイトが表示されます

参考までに

「MiMC・ミネラルクリーミーファンデーション」の記事

「MiMC・エッセンスハーブバームクリーム」の記事

「ベアミネラル・フリームファンデーション」の記事

「固形タイプのミネラルファンデ・トゥヴェール」の記事

レイチェルワイン・ミネラルファンデーション」の記事

★公式ホームページ

★ネットショップでお探しなら

 

 

 

グロースファクター